メインコンテンツに移動

業務処理能力を向上させ、企業の経営環境を改善

海外に進出しようとする企業の悩みの一つ。本社・支社間の資金の流れの把握が難しい。決算の時に国ごとで異なる税金処理、消費税等による混乱

ICUBE Global Gateway Packageの特長

韓国NO1のERP ICUBEは企業業務特性と標準化されたプロセスにより無駄を排除し、業務処理能力を向上させ、企業の経営環境を改善させる最適なパッケージです。

企業の海外進出をサポートするサービスを開始します。

世界各国の有名なERPソフトウェアパートナーと、会計•ERPのグローバルアライアンス「ALAE(本部:シンガポール)」を構成しました。

「企業の海外進出の際、現地の会計ソフトの紹介とトレーニングサービスを提供」

「ICUBE」とのデータ連携機能による毎月決算(子会社の実績管理)が可能です。国ごとに異なる為替レート、税金の処理方法など、全ての資金の流れが連動され、本社⇔支社間で容易に確認ができます。

「ALAE加盟国で最初」

韓国から日本、日本から韓国に進出する企業の力になる為、韓国の代表ERP「DUZON ICUBE 多言語版」と日本のPCA株式会社の「会計X」とのデータ連動を開始します。

「導入手順も簡単」

「企業の海外進出の際、現地の会計ソフトの紹介とトレーニングサービスを提供」
各国の会計ソフトウェアから出力された共通ゲートウェイ決算のデータを「多言語バージョンICUBE」でチェック! グローバル化に伴う会計業務をより効果的かつ正確に把握することができます。