メインコンテンツに移動

DOUZONEがタンザニアの通信規制庁(TCRA)にデジタルフォレンジックの導入を

DOUZONE BIZON(ダゾンビズオン)はタンザニアの通信規制庁(TCRA)が発注した

99万ドル(約1億1千万円)規模の「タンザニア政府デジタルフォレンジック・ソリューションの供給及び教育事業」を

受注したことを14日に発表いたしました。

 

タンザニア通信規制庁はタンザニアの通信や放送部門規制の責任を担う準独立政府機関です。

 

以前、DOUZONE BIZONは

2014年に中東オマーン政府デジタル・フォレンジック・ラップ構築事業の受注を始め、

2015年にはブルネイ政府デジタル・フォレンジック・ラボ構築コンサルティング事業の受注、

開発途上国における政府主導のセキュリティ基盤構築にとしては3番めの快挙ともいえます。

 

DOUZONE BIZONは、今後6ヶ月の間、タンザニアの政府機関が使用する分野別デジタルフォレンジックソリューションを

提供することになります。

 

又、DOUZONE BIZONが培ってきたデジタルフォレンジックに関するノーハウに基き、

現地専門家育成のための侵害事故対応及びソリューション教育等の統合教育も提供する方針として

政府関係組織との連携も強く築いていく予定です。